最終更新日:

管理職向け転職エージェントは?各社比較と解説・管理職への効率的な転職方法

管理職向け転職エージェントは?各社比較と解説・管理職への効率的な転職方法

「管理職転職で使えるエージェントは?」
「どの転職エージェントが良いかわからない」

管理職への転職活動で、どの転職エージェントが良いかわからない人は少なくありません。

管理職は即戦力やリーダー性が求められるため、一般的な転職よりハードルが高いです。

しかし転職エージェントを利用すれば管理職に合わせたサポートが受けられるため、効率良く転職活動が進められます

本記事では、管理職への転職に強い転職エージェントの比較・解説、管理職転職の実態をご紹介。管理職へ転職したい人は必見です。

管理職向け転職エージェント

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
サイト
ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
年齢層 30代~40代 20代~40代
タイプ スカウト型転職サイト
入会審査 あり なし
アドバイザー ヘッドハンターがアドバイザーの役割を担う
実績 部長クラス以上に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
特徴 面接確約スカウトあり 年収600万円以上の人向け
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
案件特徴
全体
案件数
約150,000件 約75,000件
管理職
案件数
約10,000件
※ヘッドハンターの保有案件により変動
約3,600件
※ヘッドハンターの保有案件により変動
案件年収 400~
1,000万円
600~
2,000万円
主な
業種/職種
IT・インターネット業界
技術・管理職
IT系・管理職/役員・経営
公式
doda X
転職サイト
doda Xの公式サイト
年齢層
タイプ 転職サイト
入会審査 なし
アドバイザー ヘッドハンターがアドバイザーの役割を担う
特徴 長期の付き合いで市場価値を向上させるサポートが受けられる
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
案件特徴
全体
案件数
非公開
案件年収 800~2,000万円
公式

※情報は2021年7月時点

管理職向け 転職エージェント解説

ビズリーチ

ビズリーチは、「部長クラス・年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1」のスカウト型転職サイト。

スカウトは登録した職務経歴や実績などを見た企業・ヘッドハンターから届き、条件交渉がしやすく年収・キャリアアップを狙えます。

企業から直接送られるプラチナスカウトは書類選考を通過した状態のため、通常スカウトと比べ圧倒的に採用率が高いです。

所属するヘッドハンターは、約5,100名。

個々でパイプを持つ企業や業界が異なり、一般非公開・独占案件を保有しているケースもあります。


リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営するスカウト型転職サイト。

管理職など役員・経営ボード・年収800~2,000万円の案件が充実しています。

優秀なヘッドハンターのサポート+質の高い案件で、リクルートダイレクトスカウトでは転職決定時の平均年収がおよそ900万円と高い実績を誇ります。


doda X

doda X HPメインビジュアル

doda Xは業界大手パーソルキャリアが運営するハイクラス向けスカウト型転職サイト。

ヘッドハンターは業界や企業の動向・内部に精通しており、求人紹介や書類作成・面接対策はもちろん企業情報まで余すことなく提供

自身でも気づかない強みやアピール方法など利用者を長期的にサポートしてくれるため、市場価値が向上し転職に有利になります

ヘッドハンターからのスカウトに応募しなければ限られた登録情報のみの公開・企業ブロック機能もあるため転職活動がばれる心配はありません

管理職転職の実態

管理職への転職が難しい理由

管理職の役割として、業務の管理・改善があります。

入社後には、新しい職場で成果を出すために業務の見直しや部下のスキル・経験から仕事の割り当てなど組織経営の視点が必要。

企業は管理職募集の際に、信頼度やリーダー性、即戦力としてのスキルを求める点が、一般社員の転職より難しいと言われる理由です。

管理職 転職でのアピール方法

    ≪アピールすべき経験/スキル≫

  • マネジメント経験
  • 責任力
  • 専門性
  • コミュニケーション能力

マネジメント経験がある場合は、規模やマネジメント方法・結果(成果)を具体的にアピールすると効果的。

上記に加え、責任力やコミュニケーション能力・専門性など自身の強みを入れるといいでしょう。

活かせる経験やスキルが具体的ではない、結果だけを伝えプロセスや考え方がなければ、即戦力にならないと判断されてしまう可能性も。

エピソードを書く際は、誰が読んでも分かりやすい内容を意識するのが重要です。

管理職に向いている人

・情報収集/分析力がある
・リーダー性がある
・コミュニケーションがすき
・気配りができる

管理職は、自社の製品・サービスが売れるよう市場情報を適切に収集し、分析・ニーズの把握をしなければなりません。

日々更新されていく情報を追いかけるのが苦ではない人に向いていると言えます。

また、管理職は部下をまとめ目標へ導く役割を担うためリーダーシップ・組織をまとめるにはコミュニケーションや気配りも不可欠です。

管理職へ転職するなら転職エージェント

一般的に難しいとされる管理職への転職では、高ポジションのサポートに詳しい転職エージェント・サイトを利用すればスムーズに転職活動が可能です。

ビズリーチリクルートダイレクトスカウトを利用する際は、スカウトを受信しやすいよう登録情報を充実させ、企業やヘッドハンターがあなたを見つけやすいように工夫するといいでしょう。

■ 管理職におすすめ転職エージェント
ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
doda X

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事