最終更新日:

一か月で派遣を辞めたい!契約期間中・入社直後でも辞めて新しい仕事を探す方法

一か月で派遣を辞めたい!契約期間中・入社直後でも辞めて新しい仕事を探す方法

「派遣として今の職場で働き始めたけどもう辞めたい…」
「派遣の仕事は一か月で辞めてもいい?」

派遣社員として働き始めて1か月前後、もしくはさらに短い期間で「辞めたい」と悩んでしまう方は一定数います。

本記事では雇用期間中の派遣社員が1ヶ月で辞められる方法や、絶対に今の職場を辞めたい時の対処法について解説。

派遣先・派遣会社を辞めたいと思い悩んでいる方は要チェックです。

どうしても退職したい時に使える
おすすめの退職代行サービス

一か月で派遣を辞めるのは可能?

雇用期間が定められている派遣会社の場合、基本的には契約満了まで退職できません

しかし、特別な事情があれば契約期間中であっても辞めるのは可能です。

契約期間中でも退職できる場合がある

契約期間中に派遣の仕事を辞めるには、やむを得ない事情が必要です。

一か月で退職しやすい理由の例

  • 心身の不調
  • 家族の介護
  • 妊娠・出産
  • 出社が難しい距離の転居

事情を鑑みて辞職を受理するかどうかは、最終的に派遣会社の判断にゆだねられます

上記の理由以外であっても、派遣会社が納得さえすれば仕事を辞めるのは可能でしょう。

契約期間中に派遣先を辞めるのはリスクがある

契約期間中に派遣先を辞めるのは、派遣先だけでなく、派遣会社にとっても契約違反となる行為です。

派遣会社との信頼関係が失われる上、「次の仕事もすぐ辞める可能性がある」と判断されやすいのは肝に銘じておきましょう。

最悪の場合、今後その派遣会社では仕事が紹介されなくなる可能性があります。

次の仕事を探す場合は、別の派遣会社へ登録するのが良いかもしれません。

仕事探しにおすすめの人材派遣会社

パソナ
[人材派遣]
テンプスタッフ
人材派遣会社 テンプスタッフ公式
雇用形態
派遣・紹介予定派遣・契約社員・正社員
特徴 充実の福利厚生
Web面談も可能
スキルアップできる講座も多数
業界最大級の求人数
未経験者へのサポート◎
専用アプリで簡単管理!
無料相談

一か月で派遣を辞めたくなる主な理由

勤務期間が一か月以内でも辞められる可能性は十分にあります。

説明をする際は完全な嘘をつくのではなく、今の現状に合った理由を伝えるのがおすすめ。

派遣を辞めたくなる主な理由

  • 人間関係の問題
  • 業務内容が合っていない
  • 労働環境が悪い
  • 体調不良

人間関係の問題

人間関係が原因で辞めたい場合は、状況の説明と業務を続けられない理由を伝えましょう。

あくまで客観的な説明に徹して、主観的な話し方は避けた方が無難です。

業務内容が合っていない

業務が自分に合わない、続けられないと感じる場合、そのまま退職理由として伝えるのはおすすめできません。

「スキルが足りず、派遣先に迷惑をかけてしまう」など、自分の責任として伝えるのがスムーズでしょう。

なお、業務内容や適性が理由の場合、派遣先から苦情が入るまで退職を認められないケースもある点には留意してください。

労働環境が悪い

「残業時間が長い」「サービス残業が多い」など、労働環境が理由で退職したい場合は契約条件との違いを根拠にするのがおすすめ。

  • 提示されていた条件では月の残業は20時間以内だったが、実際は100時間近い
  • 残業代支給と書いているのに、タイムカードを定時に入力させられる

上記のような説明に加えて、残業時間が分かる証拠があれば持っておきましょう。

Excelの表や手書きのメモ、派遣先で使用したパソコンのログイン情報など、どんな形式でも問題ありません。

体調不良

怪我、心身の不調、持病の悪化などで現在の仕事を続けるのが難しくなった場合は、発症した時期・症状を含めて説明しましょう。

診断書の提出など、確固たる根拠で業務を続けるのが難しいと証明できれば、退職もしやすくなります。

一か月で辞めたい時はまず派遣会社に相談

派遣先へ伝えても退職できない可能性がある

退職したいと考えている場合、最初に派遣先へ伝えるのは控えましょう。

派遣社員が直接雇用されているのは派遣会社で、派遣会社と派遣先は取引相手の関係です。

派遣先に退職の意志を伝えても対応してもらえず、企業同士の関係が悪化する可能性も考えられます。

一か月で職場を辞めたくなった場合は、まず雇用先である派遣会社に相談しましょう。

状況が改善される場合もある

人間関係や労働環境が原因の場合、派遣会社に相談すると環境が良くなる場合もあります。

本来の契約内容と違う業務内容・勤務時間については、派遣会社から改善依頼を送るケースもあるでしょう。

まずは派遣会社に、退職を考える理由や不満を持っている部分について相談してください。

一か月以内に派遣を辞めたい時に役立つサービス

短期間で派遣の仕事を辞める際、揉めるのが怖い方は退職までのやり取りをしてくれる退職代行サービスの利用を検討しましょう。

費用を抑えたい時は労働組合の退職代行サービス、企業とのトラブルが不安な時は弁護士の退職代行サービスがおすすめです。

派遣社員が退職代行を利用する際の注意点

派遣社員は、雇用期間の定めがある「登録型派遣」期間の定めがない「無期雇用派遣」に分けられます。

登録型派遣で雇用されている社員には対応していない退職代行サービスも多いです。

登録型派遣の退職は派遣先とも協議の必要があり、代行が難しいのが理由となります。

退職代行を依頼する際は、登録型派遣で雇用されていても利用できるか必ず確認しましょう。

依頼費が安い退職代行サービス
退職代行モームリ 退職代行ネルサポ
退職代行サービス
依頼費 ■正社員・契約社員
22,000円
■アルバイト
12,000円
■キャンペーン価格
一律22,000円
■リピーター限定
一律20,000円
相談窓口
電話
メール
LINE
相談料 無料 無料(相談は回数無制限)
特徴 業界最安水準
弁護士監修
労働組合が運営
最安値挑戦中
弁護士監修
退職成功率100%
無料相談
労働組合の退職代行サービス
退職代行Jobs(ジョブズ) 退職代行ガーディアン
退職代行サービス
依頼費 ■安心パックプラン
退職代行+労働組合

29,000円
■シンプルプラン
退職代行

27,000円
一律29,800円
相談窓口 電話
メール
LINE
電話
LINE
相談料 無料 無料
特徴 顧問弁護士監修
労働組合と連携
現金後払いOK
追加費用なし
東京都労働委員会認証の労働組合法人が運営
追加費用なし
無料相談
弁護士の退職代行サービス
弁護士法人みやびの退職代行サービス
退職代行サービス
依頼費 55,000円
相談窓口 メール
LINE
相談料 無料
特徴 日本全国対応
出社なしの引継ぎや私物引取り可能
他社に断られた困難ケースもOK
メールLINE24時間対応
無料相談

派遣社員が退職代行を利用する流れ

退職代行サービスを利用する場合、いくつかの手続きは自分で行なう必要があります。

一か月で辞める際、苦痛に感じやすい派遣先とのやり取りは代行してもらえるので、頼る価値はあるでしょう。

利用の流れ

  1. 退職代行サービスへ連絡
  2. 費用を支払う
  3. ヒアリング
  4. 退職届の送付
  5. 退職代行の実施
  6. 備品を返却
  7. 必要書類の受け取り
退職代行サービスへ連絡
代行業者への連絡・相談は基本的に無料です。複数社とやり取りして、サービス内容や対応を比べるのもおすすめ。
費用を支払う
契約内容に納得できれば、退職代行サービスへ費用を支払います。料金や支払方法はサービスによって異なります。
ヒアリング
退職日、有給使用の有無などの希望をすり合わせます。基本的には質問に答えるだけで問題ありません。
退職届の送付
退職代行を実施する前に、意思表示として派遣会社へ退職届を送ります。
退職代行の実施
退職届を送付すれば、退職完了まで依頼者が勤務先とやり取りをする必要はなくなります。
備品を返却
指示に従い、社員証、保険証、制服、会社支給の備品などを返却しましょう。郵送で送れば出社する必要はありません。
必要書類の受け取り
退職時に必要な「離職票」「雇用保険被保険者証」「年金手帳」「源泉徴収票」などを受け取れば、退職は完了です。

「退職後の書類を郵送しない」「退職届を受理しない」などのトラブルが発生した場合でも、退職代行業サービスで対応してもらえます。

一か月で派遣を辞められる可能性はある!まずは派遣会社に相談を

派遣社員と直接雇用の関係にあるのは派遣会社なので、派遣先ではなく派遣会社に退職の意思を伝えましょう

基本的に契約期間が満了するまでに辞めるのは難しいですが、派遣会社が納得するだけの事情があれば、交渉は可能です。

事情を汲んで退職を受理するかは派遣会社次第となるため、不安な方は退職代行サービスを頼る選択肢もあります。

派遣社員に対応しているかどうかはサービスによって異なるので、まずは複数社に無料相談するのがおすすめ。

状況に合わせた対処法を取って、希望通りの職場環境を探しましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事