最終更新日:

優先順位の有無で転職スピードは変わる?簡単3Stepで転職成功する方法

優先順位の有無で転職スピードは変わる?簡単3Stepで転職成功する方法

転職活動の際、「転職するからには、企業に求める条件がいっぱいある」「希望する条件が多すぎて、なかなか良い求人がみつからない」など、条件に振り回されていませんか?

そんな時は、希望条件に優先順位をつけると転職活動をスムーズに進められます。

本記事では、優先順位をつける意味や種類・優先順位を決める簡単3Stepや転職成功への近道をご紹介。転職活動が思うように進まず悩んでいる方は読破必須の一記事!

転職条件に優先順位をつける意味

転職の大前提として、100%完璧な転職は不可能に近いです。

全ての希望条件を満たす転職は難しいですが、企業に求める条件に優先順位をつけると下記のようなメリットがあります。

  • 競争率を下げ、転職成功率を上げる
  • 転職活動の長期化を防げる
  • 複数内定獲得した際に企業選択の材料になる
  • 入社後のミスマッチ防止になる

競争率を下げ、転職成功率を上げる

自身の希望条件をすべて満たしている求人があるとすれば、他転職者の希望条件を満たしている可能性が考えられます

好条件求人は、転職サイト・エージェントの中でもごく一部。倍率が上がり、競争率も高くなるため、不採用に終わることが懸念されます。不採用が続くと、自信喪失してしまい転職活動自体を頓挫してしまいかねません

希望条件に優先順位をつけると、応募求人の幅が広がり転職成功率が上がります

転職活動の長期化を防げる

多くの希望条件にマッチする求人を探していると、応募求人に出会えずやる気が消失したりと転職活動が長期化してしまう恐れがあります。

さらに、在職中であれば終業後や休日に活動しなければならないため、疲労が蓄積する要因にも。現職にも影響が出ないよう、優先順位をつけ効率よく転職活動を進めましょう。

企業選択の材料になる

首尾よく転職活動が進み、内定も複数取れた場合を考えてみましょう。

最終的な企業選択の際、条件に優先順位をつければ納得してスムーズに決断を下せます。

入社後のミスマッチ防止になる

・希望条件を満たした会社に入社したはずなのに、何か違う
・入社する際に我慢すれば良いと考えていた条件が、耐えれなかった

こうしたミスマッチは、希望する条件を全て洗い出せておらず、何が譲れない条件なのか決めきれていないと起こります。

せっかく転職したのに短期間で退職するとなれば、自身の経歴にも大きなマイナスです。

優先順位をつけるべき条件の種類

転職の条件にはどのようなものがあるか見ていきます。

    ≪条件大きく分けて6分類≫

  • 経営方針や社風
  • 仕事内容
  • 金銭面
  • 労働時間
  • 福利厚生
  • 職場環境

経営方針や社風

ベンチャー企業や中小企業・大手企業によって職場の雰囲気や上下関係の在り方、会社の方針なども異なります。

資格取得や独立支援・人材育成に力を入れているかなど、入社してからどのように活躍したいかを書き出し、照らし合わせましょう。

企業の価値観やミッションは、「企業・経営理念:HPなど」「求める人物像:求人情報」に書かれているため、自身と考え方の違いがないかもチェック必須です。

仕事内容

営業や人事、経理などの基本的な職種や、職務内容が記載されている欄です。目指す業界・分野などを整理し、仕事量や内容をイメージしながら確認しましょう。

しかし、具体的な業務割合は、応募する際に確認できない場合もあるため、面接時には質問すると確実です。

キャリアアップを目的とした転職では、資格やスキルが活かせる仕事内容かをチェックしましょう。

金銭面

給与や賞与、退職金に関する条件が分類されます。賞与の計算の基礎となるので、基本給やみなし残業代、各種手当の金額も確認もするようにしましょう。

今の給与と比較し、どの程度の給与を求めているのか目標を定めてると、応募求人も見つかりやすくなります。

年収アップを目指す場合は、現在のスキル・経験で本来どの程度給与がもらえるのかを把握しましょう。実力以上の求人に応募すると、入社できたとしても、実力がついていかず転職を繰り返してしまう恐れがあります。

労働時間

一日の労働時間、休日日数、平均的な残業時間などの条件が含まれます。

「プライベートの時間を大切にしたい」「家族と過ごす時間を増やしたい」などを転職の目的に挙げている人は、重要視すべき項目。

近年では、求人情報に平均残業時間が記載されており、選ぶ際の参考になります。しかし、部署によって残業時間が異なる場合もあるので、確認が必要です。

福利厚生

海外研修制度や学費助成制度などのキャリアアップに対する助成から、フリードリンクや無料社食など日々の生活を豊かにするものまで、現在多くの会社でユニークな福利厚生が存在しています。

産休・育休などが記載されているのも福利厚生の欄です。今後、結婚や出産を視野に入れた女性の転職・ライフワークバランスを視野に入れた転職では良く確認しましょう。

職場環境

人間関係に関する条件や、オフィスへのアクセス・立地に関する条件が職場環境の項目に分類されます。

≪この項目でチェックする内容≫
・定着率
・女性の活躍状況
・休暇取得率
・人数

人間関係が理由に転職するなら、特に見るべき項目。求人情報では判断がつきにくい条件なので、職場を見学できる場合は、自身の目で雰囲気を確認しましょう。

転職条件 優先順位の決め方簡単3Step

優先順位は、3つのステップを踏むことで簡単に決めることができます。

  1. 条件の可視化
  2. 転職理由を明確にする
  3. 条件整理

Step1.条件の可視化

Step1では、転職先企業に求める条件を書き出してみましょう。こんな条件を満たした会社は存在しないと思っても構いません。

条件が少ししか書き出せない場合は、条件自体が自分の中で固まっていないと考えられます。先述した5つの分類を意識して、一つひとつ確認作業を行うと、抜けや漏れが減らせるでしょう。

Step2.転職理由を明確にする

次に、転職したい理由(既に退職した場合は退職理由)を、具体的に箇条書きにしましょう。

その際、転職したい理由がStep1で挙げた条件に含まれているか確認し、含まれていないなら条件に追加します。

■ 転職理由を明確にするコツ
転職したい理由が「人間関係に悩んだから」だった場合、「閉鎖的な人間関係が嫌だった」「プライベートでも付き合いがあるのが嫌だった」まで具体化すれば、希望する条件も明確になります。

Step3.書き出した条件を整理する

最後に、Step1.2で出した内容を下記の3つに分類しましょう。分類に基づいて求人検索をすれば、応募できる求人が浮き彫りになるためスムーズな転職活動が可能です。

≪条件3分類≫
・譲れない条件
・妥協できる条件
・切り捨ててもよい条件

優先順位・応募企業に悩んだら転職のプロに相談する

転職活動において、「希望条件がはっきりしない」「優先順位は分かったけどいい求人がない」。そんな時は、転職のプロに相談するのも一つの手です。

転職エージェントでは、転職に関するヒアリングから求人紹介など転職活動を全面サポート。相談のみの利用も可能です。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントを掛け持ちすると、求人・サポートの幅が広がり転職活動が促進されます。


リクルートエージェント

リクルートエージェントは、全国・全年代など全求職者に対応した転職エージェント。

過去40年以上で培った転職ノウハウから、的確なアドバイスがもらえます。優先順位の決め方・応募求人に悩んでいるなら相談だけでもおすすめです。

doda

dodaは、転職サイトなどの機能以外に、独自の転職フェアやセミナー開催もしており転職を有利にしてくれます。

転職で気になる点や不安点などをチャットで聞けるため、相談に行くほどでもないけど気になることを気軽に相談できるのがメリットです。


パソナキャリア

パソナキャリアは、年収アップ率67.1%を誇る転職エージェント。各分野に精通するアドバイザーが在籍しているため、専門性の高いアドバイスがもらえます。

2019年にはオリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門1位を獲得するほどアドバイザーの質は高く、正しい転職に導いてくれます。

ヒアリングや求人紹介以外にも、退職交渉サポートがついており転職したいけど退職できずに悩んでいる人にもおすすめです。


転職で優先順位をつける重要性は高い

2013年にdodaが在籍アドバイザー306人を対象に行った「転職活動に対する思い違い」や「企業が見ている本当のポイント」をアンケートでは、下記のような結果になりました。

転職活動で重要なこと

最も多かったのは、「転職で何を改善したいか優先順位を見失わない:64%」。転職後になぜ転職したのかわからなくならないように、次の企業に何を求めているのか優先順位をつけると納得のいく転職になるでしょう。

出典:doda 転職活動の取り組み方

転職で優先順位をつけるポイントまとめ

転職時の希望する条件に優先順位をつける理由とその決め方を解説しました。最後にポイントをまとめます。

  • 優先順位をつける理由は4つ
  • ・全ての条件を満たす求人には応募が殺到する
    ・転職活動の長期化を防ぐ
    ・迷った際の選ぶ指針となる
    ・優先順位をつけないとミスマッチの原因となる

  • 企業に求める条件は6分類できる
  • ・経営方針や社風
    ・仕事内容
    ・金銭面
    ・労働時間
    ・福利厚生
    ・職場環境

  • 優先順位の付け方は簡単3Step
  • 1.思いつく限りの条件を書き出す
    2.転職したい理由を明確にする
    3.書き出した条件を3つに分類する

  • 優先順位・応募求人に悩んだら転職のプロに相談する
  • リクルートエージェント
    doda
    パソナキャリア

転職先に求めることはたくさんあると思いますが、全てを満たすことは難しいのが現実です。希望する条件に優先順位をつけることで、転職活動を効率的に進めてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事