最終更新日:

転職で優先順位をつけるメリットは?優先順位の付け方と効率的な転職方法

転職で優先順位をつけるメリットは?優先順位の付け方と効率的な転職方法

「希望条件に優先順位はつけた方がいい?」
「優先順位の付け方は?」
転職活動において優先順位をつけるか悩んでいる人は少なくありません。

希望条件の優先順位は3Stepで決められます。優先順位をつけると、転職活動の長期化・入社後のミスマッチを防止でき、スムーズな転職活動が可能です。

本記事では、優先順位をつけるメリットと優先順位の付け方をご紹介。

効率良く転職を進めたい人は必見です。

希望条件に優先順位をつけるメリット

転職の大前提として、100%完璧な転職は不可能に近いです。

全ての希望条件を満たす転職は難しいですが、企業に求める条件に優先順位をつけると下記のようなメリットがあります。

■ 条件に優先順位をつけるメリット
・競争率を下げ、転職成功率を上げる
・転職活動の長期化を防げる
・複数内定獲得した場合、企業選択の材料になる
・入社後のミスマッチ防止になる

競争率を下げ、転職成功率を上げる

自分が希望する条件をすべて満たしている求人があれば、他転職者の希望条件も満たしている可能性があります。

好条件求人は、転職サイトの中でもごく一部。倍率が上がり競争率も高いため、採用を見送られるケースも少なくありません。

不採用が続くと、自信喪失してしまい転職活動自体を断念してしまいます。

希望条件に優先順位をつけ選択肢を広げると、応募できる求人の幅が増え転職成功率が上がります

転職活動の長期化を防げる

多くの希望条件で絞って検索し、なかなか理想の求人に出会えなければ転職活動が長期化してしまうリスクも。

在職中での転職活動では終業後や休日に動かなければならず、疲労が蓄積する要因にもなりかねません。

現職にも影響が出ないよう、優先順位をつけ効率よく転職活動を進めましょう

企業選択の材料になる

複数社から内定をもらえた場合、最終的な企業を決める時にも優先順位をつけておくとスムーズです。

入社後のミスマッチ防止になる

■ 入社後のミスマッチ
・希望条件を満たした会社に入社したはずなのに、何か違う
・入社して我慢すれば良いと考えていた条件が、耐えれなかった

入社後のミスマッチは希望する条件を全て洗い出せておらず、何が譲れない条件なのか決めきれていないと起こります。

せっかく転職したのに短期間で退職するとなれば、再転職するにもマイナス要素として捉えられがち。

求人探しから入社後までスムーズに進めるには、希望条件に優先順位をつけてから活動するといいでしょう。

優先順位をつけるべき条件の種類

優先順位をつけられる条件は、大きく分けて6種類。

働くうえでどの条件を重要視するのかを考え、優先順位をつけましょう。

■ 優先順位をつけられる6つの条件
・経営方針や社風
・業務内容
・金銭面(年収/ボーナス/退職金)
・勤務時間(基本的な勤務時間/平均残業時間)
・福利厚生
・職場環境(人間関係/雰囲気)

経営方針や社風

企業が掲げる経営方針や社風・上下関係の在り方は異なります。

資格取得や独立支援・人材育成に力を入れているかなど、入社してからどのように活躍したいかを書き出し照らし合わせましょう。

企業の価値観やミッションは、「企業・経営理念:HPなど」「求める人物像:求人情報」に書かれているため、自分の考え方と合っているかのチェックが必須です。

業務内容

就きたい業種・職種から仕事量や内容をイメージしましょう。

具体的な業務内容は働いてみなければ分からないケースも多いため、面接時に質問すると確実です。

キャリアアップを目的とした転職では、経験やスキル・資格が活かせる業務内容かを確認しましょう。

金銭面

現収入とどの程度年収アップしたいのか目標を立てると、応募する求人も見つけやすいです。

年収アップを目的とした転職なら、現在のスキル・経験で本来どの程度給与がもらえるのかを把握しましょう。

実力以上の職場に入社できたとしても実力がついていかず、転職を繰り返す恐れも。

基本給やボーナス・残業代や退職金の有無の確認も必須です。

労働時間

「プライベートの時間を大切にしたい」「家族と過ごす時間を増やしたい」などを転職の目的に挙げている人は、重要視すべき項目。

平均残業時間が記載されている求人情報も多く、応募するかの判断材料になります。

部署によって残業時間が異なる場合もあるので、確認が必要です。

福利厚生

住宅手当やキャリアアップ支援制度など、企業によって様々な福利厚生が設定されています。

産休・育休などが記載されているのも福利厚生の欄

今後、結婚や出産を視野に入れた女性の転職・ライフワークバランスを視野に入れるなら優先順位が高くしておきましょう。

職場環境

オフィスへのアクセスや人間関係や職場の雰囲気で選ぶなら要チェックです。

しかし人間関係や雰囲気は求人情報では分からないため、転職会議やLighthouse(旧会社の評判)で内部情報を調査しましょう。

■ チェックリスト
・定着率
・女性の活躍状況
・休暇取得率
・人数

希望条件の優先順位の付け方3Step

優先順位の付け方は、3つのステップで簡単に決められます。

  1. 条件の可視化
  2. 転職理由を明確にする
  3. 条件整理

Step1.条件の可視化

優先順位や現実味に関係なく、転職先企業に求める条件を書き出してみましょう。

条件が少ししか書き出せないなら、6つの分類を意識して一つひとつ確認すると、条件が明確になります。

Step2.転職理由を明確にする

転職理由や退職理由を具体的に書き出しましょう。

転職したい理由がStep1で挙げた条件に含まれているか確認し、含まれていないなら条件に追加します。

■ 転職理由を明確にするコツ
転職理由が「人間関係」なら、「閉鎖的な人間関係が嫌だった」「プライベートでも付き合いがあるのが嫌だった」まで具体化すれば、希望する条件も明確になります。

Step3.書き出した条件を整理する

最後にStep1.2で出した内容を下記の3つに分類すれば、応募できる求人が明確になりスムーズな転職活動が可能です。

  1. 譲れない条件
  2. 妥協できる条件
  3. 切り捨ててもよい条件

優先順位が決まったら転職のプロに相談

転職エージェントは経験やスキル・希望条件に合った求人紹介から、書類・面接対策や企業への条件交渉まで転職活動を徹底サポート。

希望条件の優先順位が決まっていれば、担当者から条件に合わない求人紹介やアドバイスに左右されず上手に活用できます。

おすすめ転職エージェント

リクルート
エージェント
マイナビ
エージェント
サイト
リクルートエージェント
マイナビエージェント
地域 全国
年齢層 20代~
幅広い年代の内定取得事例あり
20代~35歳
特徴 求人数No.1
面接対策充実
独占求人多数
実績 老舗ならではの転職ノウハウで採用成功実績54万人超 20代に信頼されている転職エージェントNo.1獲得
主な
業種/職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
IT・通信業界
公式


doda パソナ
キャリア
サイト
doda
パソナキャリア
地域 全国 東名阪
年齢層 26歳~35歳 20代~30代
特徴 転職エージェント・サイト+スカウト機能 初めての転職・女性転職におすすめ
実績 業界30年の採用成功実績 年収アップ率67.1%
公式


ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
サイト BIZREACH リクルートダイレクトスカウト
タイプ スカウト型転職サイト
入会審査 あり なし
料金 一部有料 完全無料
地域 全国
年齢層 30代~40代 25歳~
特徴 年収600万円以上の人向け
コンサルタント ヘッドハンターがコンサルタントの役割を担う
在籍ヘッドハンター 約5,000名 約3,000名
実績 年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
面談 ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
主な
業種/職種
IT系・管理職/役員・経営
公式


優先順位をつけてスムーズに転職活動

希望条件に優先順位をつけてから転職活動をすると、目的や条件など転職の軸ができるためスムーズな転職活動が可能です。

優先順位を決定後、転職エージェントを利用すれば自分の軸を持ったうえでサポートを受けられます。

おすすめ転職エージェント
リクルートエージェント
マイナビエージェント
doda
doda
おすすめスカウト型転職サイト
ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事