最終更新日:

【新卒】内定した企業の給料が低い!?新卒が給料(年収)を上げる方法

【新卒】内定した企業の給料が低い!?新卒が給料(年収)を上げる方法

「内定をもらった企業の給料が低いかも…」
「何万円くらいから低い年収になる?」

新卒として就職活動をしてきた方で、給料の低さが気になって不安を抱いている方は少なくありません。

平均を大きく下回る給料が提示された場合以外にも、給料が低くなりやすい企業の特徴はいくつか存在します。

本記事では新卒の給料額の目安や給料が低い企業を避けるための注意点を解説。

安定した収入を得たいと考えている新卒の方は要チェックです!

新卒の「年収が低い」はいくらから?

新卒の平均年収は200万円~250万円

新卒の平均年収は、多くの業界で200万円~250万円程度と言われます。

年収200~250万円を月収に換算すると、17万円~20万円程度です。

また、新卒に対してボーナスを年2回支給する企業も一定数存在しています。

ボーナスが支給される企業であれば年収も平均より高くなるので、求人情報を見る際は要チェックです。

年収200万円以下は低い

新卒の平均年収から考えると、年収200万円以内は「低い」と判断できるラインです。

年収200万円の月収は約16万円。ここから税金などが引かれ、実際に使えるのは約13.5万円となります。

一人暮らしをする場合、東京都では23区外でも平均5万円以上の立地が多いため、住居選びの幅も制限されるでしょう。

都道府県や業種・職種次第で年収の相場は変わるので、企業規模や立地が似た他の企業と比較してみるのをおすすめします。

【新卒向け】年収・月収より手取り額は低くなる

年収について考える際に知っておきたいのが、入社後に振り込まれる給料は、募集要項の年収よりも低くなる点です。

総支給額(年収)から各種保険料、年金、税金などを差し引いた金額が実際にもらえる「手取り額」となります。

年収に含まれる要素

● 基本給
● 時間外労働手当、深夜残業手当・休日出勤手当
● 諸手当(住宅手当、通勤手当など)
● 賞与・ボーナス

企業から支給される上記金額の合計が「総支給額」。ここから下記の保険料・税金を引くと、おおよその初任給が分かります。

東京都で20万円の月収を得た時の保険料と税金
● 健康保険料 9,810円
● 厚生年金保険料 18,300円
● 雇用保険料 600円
● 所得税 3,770円

東京都に住む月収20万円の新卒が得る手取り額は、16万7,520円です。

なお、2年目以降は住民税を支払うため、差し引かれる金額はここから増える点も覚えておきましょう。

住んでいる都道府県によって、総支給額から引かれる税金の割合は異なります。

新卒は給料が低いのを理由に内定辞退しても良い

給料が低いのを理由に内定辞退を考えるのも、正しい判断です。

学生側にも企業を選ぶ権利があり、企業側に内定辞退を拒否する権利はないので、安心して辞退の意思を伝えてください。

ただし、「給料の低さが理由で辞退する」と正直に不満を言うのはおすすめしません

今後他の企業に入社した後、辞退する企業と関わる可能性を考えると、悪い印象は残さない方が良いでしょう。

一度は志望した企業として敬意を払い、穏便に内定辞退を伝えてください。

引き止め・交渉を受けたらどうする?

内定辞退を受けて、なんとか新卒を引き止めようとする企業は存在します。

「どうしても欲しい」と判断した新卒に対して、給料交渉を試みる企業もあるでしょう。

交渉を打診され、納得いく水準の給料が支給されるのであれば応じても問題ありません。

もちろん納得のいかない条件で入社する必要はないので、冷静な判断を心掛けましょう。

新卒が給料の低い企業を避けるコツ

基本給以外の賞与・手当を確認

賞与とはいわゆる「ボーナス」を指しますが、ボーナスの支給額や支給条件は確認しておくのをおすすめします。

入社した直後の夏季ボーナスは新卒に支給しない企業も多いですが、冬季以降は支給される可能性があるでしょう。

全ての企業が賞与(ボーナス)を支給するわけではなく、業績によって支給の有無が変わる企業や、ボーナス制度のない企業も存在します。

通勤手当や住宅手当、資格手当などの一般的な手当以外にも様々な福利厚生としての手当があるので、支給要件や支給額は要チェックです。

みなし残業代に注意

みなし残業代(固定残業代)は、決められた時間の残業代を給与に含める制度です。

残業をしなくても規定の残業代が支払われるので一見お得のようですが、求人情報の月収を額面だけで判断してはいけません。

A社
月収 20万円
基本給 20万円(残業代は別途支給)

B社
月収 21万円
基本給 15万9000円
みなし残業手当 5万1000円(45時間 ※超過分は別途支給)

上記の2社を比べると同じ時間残業をして、より給料が高くなるのはA社になります。

額面の収入に惑わされず、支給される給料の内訳を確認するのが後悔しない就職のコツです。

法的に義務付けられている時間外労働手当(残業代)や休日出勤手当を払わないためにみなし残業制度を使う企業もあるので、注意してください。

年収の目安や適性が分かる診断系サービスを活用

年収は仕事を選ぶうえで大切な要素の一つですが、その一点だけを重視するのはおすすめしません。

自分の適性に合わない企業に入ると、仕事が辛くなり短期離職に繋がります。

年収を上げ、長く続けられる仕事を見つけるには、就職する企業を決める前に自己分析を深めておくのが重要です。

自力での自己分析が不安な方は、無料で利用できる診断サービスを活用してください。

診断回数は1アカウントにつき1回までのサービスが多いです。結果は変更できないので、慎重に利用しましょう。
【おすすめ診断コンテンツ】
ミイダス(MIIDAS)
リクナビNEXT
診断名
コンピテンシー診断
パーソナリティ診断
バイアス診断ゲーム
グッドポイント診断
所要
時間
25分
15分
60分
30分
質問数
152問
128問
105問
293問
内容
職務適性・上下関係適性・ストレス要因など
生まれ持った個性・コンディション
先入観の強さ・意思決定の癖
慎重性
感受性
親密性
など
診断
回数
1回のみ
料金
無料

給料の低さに悩む新卒向けのサービス

自分一人の力でできる就職活動や求人情報を見られる範囲は限られています。

平均より高い給料を得られる企業を目指すなら、新卒から利用できる就活・転職エージェントを活用してください。

  1. 事前ヒアリング
  2. 求人紹介
  3. 書類添削
  4. 面接対策
  5. 内定後の悩みや就職先へのフォロー

多くの就活エージェントでは上記のサービスを受けられます。

現在就活中の新卒は新卒向けの就活エージェント、すでに入社済みの方は若手に強い転職エージェントがおすすめです。

新卒特化の就活エージェント

Meets Company
就活エージェント
主なサポート対象 23卒、24卒
主なサポート地域 東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡(オンラインは全国可)
支援実績 イベント開催数1000回以上
特徴 2~8社と話せる合同説明会
即日内定の可能性あり
簡単登録
(無料)
キャリアパーク(新卒) キャリアチケット
就活エージェント
主なサポート対象 23卒 まだ卒業していない全ての卒業年度の学生
主なサポート地域 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪 東京、神奈川、名古屋、大阪、福岡
支援実績 年間1000名以上に面談実施 就活相談実績13,000人以上
特徴 最短2週間での内定が可能
就活ノウハウメディアを提供
最短3日内定が可能
企業からのスカウト制度あり
簡単登録
(無料)
キャリアスタート キャリセン就活エージェント
就活エージェント
主なサポート対象 23卒、20代、未経験、フリーター、第二新卒 23卒
主なサポート地域 関東(オンライン面談は全国対応) 首都圏、関西圏
支援実績 1万人の就職・転職を支援 紹介社数1000社
特徴 新型コロナ就職支援サービスを提供中 AI面接対策サービス「RECOMEN」を提供
簡単登録
(無料)

若手に強い転職エージェント

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

新卒で年収200万円以下は平均より低い

高校以上の新卒全体での平均年収はおよそ200~250万円程度。

新卒1年目の場合、年収200万円を下回ると確実に「年収が低い求人」だと言えるでしょう。

もちろん、業界・職種や企業の規模、立地などによって妥当な年収は変わってきます。

年収の相場を見るには、規模が近い他社の求人情報と比較検討をするのがおすすめです。

年収の低さが不安で就職活動をやり直したい方は、新卒に強いエージェントや診断サービスを利用してください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事