最終更新日:

ガクチカが何もない?ガクチカが何もない原因を解決し、就活成功へ

ガクチカが何もない?ガクチカが何もない原因を解決し、就活成功へ

「ガクチカが何も思いつかない…」
「何か簡単にガクチカを書く方法はない?」

エントリーシートに書けるガクチカが何もなく、不安を感じている方も少なくありません。

ガクチカを探すコツや言語化しやすくなる書き方を実践すると、エントリーシートの選考通過率も上がるでしょう。

今回は、ガクチカを作成する方法やガクチカの注意点を解説します。

ガクチカが何もなくて困っている方や、書き方が分からない方はぜひ最後までご覧ください。

「ガクチカ」が分からない学生も多い?

ガクチカって、何をどう書くのが正解なんだろうね?

就活のガクチカで大事なのは、結果よりも過程や考え方よ!

ガクチカとは「学生時代に力を入れたこと」の略称です。

企業はガクチカで就活生のポテンシャル学びへの姿勢人間性を確認しています。

「結果なんて何も出してない…」と悩んでしまう方も多いですが、能力の高さや結果のアピールはガクチカの本質ではありません。

企業から評価されるガクチカは、「何を学んだか」「どう感じたのか」など努力の過程を言語化した内容です。

自己PRとガクチカの違い

自己PRでは、企業へ貢献するためにどんな能力や資格を持っているかが問われます。

経験から得た学びや考え方を通し、人柄を見せるのがガクチカの目的

「良い結果を出していないとガクチカに何も書けない」と悲観するのは間違いです。

自分の経験を文章にするのが苦手な方は、就職支援サービスが実施する添削を受けて企業から評価されるガクチカを作成しましょう。

【何もない】ガクチカ探しに使える就活サービス

ガクチカが何も思いつかない方は、新卒向けの就活支援サービスの利用がおすすめ。

新卒の就活に特化したキャリアアドバイザーによるガクチカの添削・面接対策を無料で受けられます。

おすすめの新卒向け就活支援サービスを紹介するので、自分に合った就活支援サービスへ登録しましょう。

新卒向けの就活支援サービス

Meets Company
就活支援サービス
主なサポート対象
24卒・25卒
主なサポート地域 東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡(オンラインは全国可)
支援実績 イベント開催数1000回以上
特徴 2~8社と話せる合同説明会
即日内定の可能性あり
簡単登録
(無料)
キャリアパーク(新卒) キャリアチケット
就活エージェント
主なサポート対象
24卒・25卒
24卒・25卒
主なサポート地域 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪 東京、神奈川、名古屋、大阪、福岡
支援実績 年間1000名以上に面談実施 就活相談実績13,000人以上
特徴 最短1週間での内定が可能
就活ノウハウメディアを提供
最短3日内定が可能
企業からのスカウト制度あり
簡単登録
(無料)
キャリアスタート キャリセン就活エージェント
就活エージェント
主なサポート対象
24卒・25卒
24卒
主なサポート地域 関東(Web面談は全国対応) 首都圏、関西圏
支援実績 1万人の就職・転職を支援 紹介数1000社以上
特徴 入社後の定着率92% AI面接対策サービス「RECOMEN」を提供
簡単登録
(無料)

【何もない…?】ガクチカの見つけ方

ガクチカが何も思いつかない人はどうやって見つければいいんだろう?!

経歴を整理する

ガクチカが何も見つからなくて悩んでいる方は、自分の経歴を整理してみましょう。

ガクチカで使える経歴の例
●学校で受けた講義
●所属した部活・サークル
●配属先のゼミ・研究室
●アルバイト
●取得した資格
●留学経験
●インターンシップ
●ボランティア

書き出した内容から、「どんな努力をして何を学んだか」を軸に深堀りしていきます。

ガクチカは成果を含んでいない内容でも成立するので、経験から得た学び・考え方の変化について書いてみてください。

テスト勉強に関するガクチカの例
テスト週間に細かく計画を立てて勉強し、前もって準備をする大切さを学んだ

大学時代だけでなく、中学・高校時代のエピソードを使うのも一つの手段。

ガクチカで見られるのは人柄だから、成果が無くても自分らしさを出せそうな内容ならOKよ★

家族や友達に聞く

自分一人でガクチカのテーマが見つからない方は、周囲の人に相談してみましょう。

家族や友人、アルバイト先の人に聞いてみると、自分では気づけなかったガクチカのヒントを得られるかもしれません。

ガクチカのプロに相談する

ガクチカが見つからない方は、就活のプロに添削してもらいましょう。

就活支援サービスを受ければ、専任アドバイザーが個別面談を実施し、プロ目線で見た自分のガクチカを引き出してくれます。

利用は全て無料なので、ガクチカが見つからないなら利用して損はありません。

ガクチカが何も書けない方向けの解決策

ガクチカの書き方が何も分からない子は、まず型に当てはめて書いてみて♪

PREP法を使ったガクチカの書き方

PREP法は「Point:結論」「Reason:理由」「Example:具体例」「Point:結論」の流れで文章を構成する方法です。

PREP法に当てはめて文章を構成すれば、読み手に伝わりやすい文章を作成できます。

PREP法は文章全体の構成がイメージしやすいので、何から書けばいいのか分からない方におすすめ。

1.Point:結論
●学生時代に何をしたのかを最初に書く
例:私は学生時代に〇〇をしました。
2.Reason:理由
●取り組んだ内容の動機を書く
例:〇〇に取り組んだ理由は、〇〇だからです。
3.Example:具体例
●取り組んだ内容の具体例を書く
例:〇〇をするために、〇〇をしました。
4.Point:結論
●取り組みから何を学んだのかを書く
例:この経験から、〇〇の大切さを学びました。

PREP法はプレゼンでも使える方法だから、覚えておいて損はないわ★

企業側が求めている人物像を意識する

応募する企業に合わせた内容のガクチカを作れば、書類選考を通過しやすいです。

企業が求める人物像を把握するために、企業研究や業界研究をしましょう。

企業研究・業界研究の手間を省きたい方は、就活支援サービスの利用がおすすめ。

キャリアアドバイザーが各企業に合ったガクチカの作り方を教えてくれるので、効率的な就活ができます。

【何もない】ガクチカを考える注意点

コピペをしない

インターネットの情報をそのままコピペして提出するのはやめましょう。

コピペがバレて、書類選考を通過できない方も少なくありません

バレなかったとしても、面接で深堀りした質問をされたら答えられないからやめときましょうね!

専門用語は使わない

専門用語を使うと、文章の意味が伝わりづらくなります。

ガクチカは様々な人が目を通すため、全員が専門用語を理解し意図をくみ取ってくれるとは限りません

ガクチカを見た全員に意図が伝わるように、文中ではシンプルな語句を使うのがおすすめ。

友達や家族に読んでもらって、分かりにくい部分は修正しましょ♥

面接を想定して作る

書類選考だけでなく、面接でもガクチカについて質問する企業は多いです。

面接ではガクチカを深堀りした内容を聞かれるので、質問に答えづらい内容は避けてガクチカを作成しましょう。

最初から面接を意識して作れば、面接対策にかける時間が短縮できるわ★

「ガクチカが何もない」を解決し就活成功

ガクチカで何も書けないと悩んでしまうのは、「何か大きな成果を見せなければいけない」と思い込んでいるからかもしれません。

企業がガクチカから知りたいのは就活生の能力ではなく、経歴・経験から得た考え方人間性です。

ガクチカが何も思い浮かばない方は、就活支援サービスを利用しキャリアアドバイザーからアドバイスを貰うのも一つの手段。

ガクチカが何もない状態を解消し、就活を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事