最終更新日:

新卒で社内ニートに!社内ニートになる原因や対処法・解決策まとめ

新卒で社内ニートに!社内ニートになる原因や対処法・解決策まとめ

「新卒で社内ニートになってしまった」
「新卒入社から2年が経過しているのに仕事がほとんどない」

上記のようにいわゆる社内ニート状態だと、職場に行くのも辛いですし、時間が経過するのも遅く感じて苦痛しかありません。

また、今後のキャリアを考えても将来が不安ですし、同期で入社した同僚がいる場合にはなおさら、格差を感じてしまいますよね。

そもそも社内ニート状態はどうして生まれるのでしょうか。

ここでは、新卒で社内ニート状態に陥る原因や対処法に至るまで詳しくご紹介します。

この記事をご覧になることで、新卒で社内ニートになってしまった方が今後どうすれば現状を抜け出せるのかより詳細にイメージできるようになります。

改めて社内ニートってどんな状態?

なんとなく言葉の意味を理解しているけれど、社内ニートという言葉はまだまだ浸透していない新しい言葉。

社内ニートとは、簡潔にお伝えすると「会社に出勤しても仕事がなく、常に暇な状態の社員」を意味します。

似た言葉に「窓際族」という言葉がありますが、窓際族とは出世ラインから外れて仕事がない部署へ飛ばされ、暇を持て余している社員を指します。

一見、社内ニートと窓際族は同じように写りますが、少し意味合いが違います。

社内ニートを深掘りすると、本来窓際族では想定されていない新卒社員も想定に入るため、新卒でも仕事が与えられないという意味合いも含まれているのです。

意外と知らない!新卒なのに社内ニートに陥る原因とは

前章では、新卒であっても仕事が与えられない「社内ニート」という言葉の意味についてご説明しました。

本来、新卒社員は需要があるからこそ採用されたわけですが、なぜ社内ニート状態に陥るのでしょうか。

実は、中小企業やスタートアップ企業が抱える課題が社内ニートと深く関係していたのです。

ここでは、新卒なのに社内ニートに陥る原因についてご紹介します。

  1. 社内の教育体制が不十分
  2. 新卒社員の教育マニュアルがない
  3. 人員配置が充分でない
  4. 先輩や上司とのコミュニケーション不足によるもの
  5. 仕事でミスが多い

社内の教育体制が不十分

新卒で社内ニートになる原因ですが「社員自体に問題がある場合」「会社の組織構造に問題がある場合」の大きく分けて2つの原因が考えられています。

まず1つ目の原因として『会社の組織構造に問題がある場合』です。

たとえば、実務未経験の状態で新卒入社し、多くの場合は一定期間新卒社員のために教育係が指導を行う「OJT形式」を採用している会社が多いです。

名目上は、非常に親切な教育制度のように感じますが、中小企業やスタートアップ企業の中にはOJT形式といっても、先輩社員や上司自体が職務で忙しく、新卒社員まで十分な教育が回らないという事態に。

おそらく本記事をご覧くださるみなさまにも「わからないところだけ聞いて」と先輩や上司から言われて質問すると「今、打ち合わせだから別のところ進めてて」と後回しにされるという経験があるのではないでしょうか。

このように、先輩社員や上司があまりにも忙しく新卒社員への教育が徹底できないのも最大の原因となっています。

OJT形式とは、「On-The-Job-Training」の略で、いわゆる先輩や上司が職務を遂行する上で必要な知識や技術を都度、指導する教育制度のこと。

新卒社員の教育マニュアルがない

社内ニートに陥る原因の2つ目ですが、『新卒社員の教育マニュアルがない又は充分に導入されていない』のも原因になります。

これはスタートアップ企業や中小企業に非常に多いです。

特にこれまで新卒社員を採用してこなかった企業が、事業拡大に伴い新卒社員を採用できる状態になると、陥りやすい問題でもあります。

新卒入社してきた社員に対する進捗把握や段階ごとの仕事の割り振りが整備されていないため、新卒社員がどのように仕事を進めて良いのかわからず、結果として充分な仕事を与えられないまま時間が過ぎてしまいます。

このようなケースでは、新卒社員の教育係が問題を把握し、上司や会社に伝えるなど最適な教育マニュアルの整備を目指す必要があります。

人員配置が充分でない

深刻な人手不足は、どの業界でも一緒です。

しかし、人手不足を理由に新卒社員への教育が充分に行き届いていない会社も非常に多いもの。

配属された部署で人員配置が充分でない場合、先輩社員や上司から満足に教育を受けられず、社内ニート状態に陥ります。

特に専門性の高い部署では、先輩社員や上司からの教育が必要で、それをなくしては仕事自体が成り立ちません。

このようなケースでは、教育係が中心となって上司や会社に人員配置を最適化するよう求めるなど対策が必要。

先輩や上司とのコミュニケーション不足によるもの

ここまでは、新卒社員が社内ニートに陥る原因を会社の組織構造の観点からご紹介しました。

次に、社内ニートに陥る原因が「新卒社員自体にある場合」です。

1つ目が、「先輩や上司とのコミュニケーション不足」によるもの。

たとえば、新卒社員になると担当するプロジェクトの進捗状況を正確に伝えたり、どうしてもわからない箇所は先輩社員や上司へ質問するなど、一定のコミュニケーション能力が求められます。

下記のグラフは、「HR総研(ProFuture株式会社)」の社内コミュニケーションに関する調査(2019年1月7日〜1月15日)の内容を示したものです。

社内のコミュニケーションに課題があると思うか

出典:HR総研:「社内コミュニケーションに関する調査」結果報告|HR総研

この調査は、上場企業および未上場企業の人事担当者を中心に実施されたものです。

グラフを参照すると、従業員数が1,001名以上の企業、それ以下の企業とで社内のコミュニケーションに課題があるかを掲載しています。

結果をみると、「大いにそう思う」「ややそう思う」と答えた割合は全体の7割にものぼり、多くの企業が社内コミュニケーションに課題を抱えていることが浮き彫りとなりました。

また、社内情報の共有に関しては、4分の1が社内情報を十分に共有できていないと答えています。

社内の情報共有は十分にできているか

このように、新卒社員に関しても例外ではなく、就職はしたものの先輩社員や上司とのコミュニケーションに不安を抱え、それが原因で社内ニートになってしまう方も多いです。

仕事でミスが多い

社内ニートに陥る原因が新卒社員自体にある場合には、「仕事でミスが多い」のも原因の1つ。

  • 先輩社員や上司が求める進捗をクリアできない
  • 顧客とのスケジュール調整がうまくできない
  • お客様との間に重大なミスがあるなど

一度ミスがあると、新卒社員の肩身も狭く、フォローしてくれる先輩や上司がいれば良いのですが、そうでない場合には周りからのプレッシャーに押しつぶされてしまい孤立状態になってしまう場合も。

このようなケースでは、新卒社員のミスについて教育係や上司が中心となり新卒社員を孤立させずにチームとして検証する必要があります。

新卒社員のミスは会社のミスでもあると認識すれば、新卒社員の社内ニート化も防げるのです。

新卒で社内ニートに陥った場合の対処法・解決法

本来なら新卒入社した会社でバリバリ働きたいのに、仕事が全くない社内ニート状態をどうしたら解決できるのでしょうか。

ここでは、新卒社員の社内ニート状態の対処法についてご紹介します。

現状を教育係や上司に相談する

新卒社員が社内ニートになってしまったら、まずは現状を正確に把握し、教育係や上司に相談しましょう。

たとえば、何度もつまずいてしまっている不明点やプロジェクト、職務がある場合には、どうしてもここが苦手なんですという具合に相談をします。

人員不足等により満足に教育が受けられていない場合も同様で、人員の補強や教育体制の見直しも含めて相談することをおすすめします。

本来ならバリバリ働きたいのに、仕事が回ってこない状態は企業全体から見ても改善する必要があります。

また、企業によっては「社内相談窓口」を設置している場合もありますので、チーム内や部署内でどうしても解決しない場合には一度相談してみるも有りでしょう。

きちんと相談することで、部署移動や部署内の見直し、人員配置の変更などを考慮してくれる場合もあります。

仕事上のミスは検証を持ちかける

新卒社員が仕事上でミスをした場合、多くの新卒社員は肩身の狭い思いをしているかと思います。

一口に仕事上のミスと言っても、先輩社員や上司から情報共有が徹底されていないことが原因で生じるミスと、新卒社員自体に問題があるミスに分かれます。

特に、先輩社員や上司から充分に情報共有がなされていないために生じたミスに関しては、きちんと検証する必要があります。

「なぜそのミスは発生したのか」「何が原因なのか」、より詳細な検証を持ちかけましょう。

社内ニートに対する考え方を変える

会社の人員配置や企業の組織全体に問題がある場合、体制の見直しや改善を求めても応じてもらえないケースもあります。

そのような場合の対処法としては、社内ニートに対する考え方を変えるのも1つ。

具体的には、「仕事を与えてもらえない社内ニート状態は辛い」ではなく、「仕事がないのにお給料がもらえるなんてラッキー」や「仕事がもらえないなら定時退社して資格の勉強をしよう」などです。

考え方次第ですが、仕事がないなら定時退社をして、専門資格の勉強をしてよりスキルの高い人材になれば将来的に会社からも信頼されるかもしれませんよね。

また、このような自己投資をすることで、将来の転職につながる可能性もあります。

仕事が与えられないことを理由に、自分の時間に投資するのもありですよ。

肩身が狭いなら無理は禁物

新卒社員が社内ニート状態となり「出社がつらく毎回吐き気がする」、「周囲からできない奴だと認識され辛い」などの場合には無理は禁物です。

このような状態で無理に出社してしまうと、うつ病をはじめとする精神疾患を併発する恐れもあります。

何をもってしても健康が第一ですから、無理に出社せず辛い場合には、休暇を取りましょう。

また、辛い状態が続くと健康上もよくありませんから、会社を辞めることも選択肢に入れてください。健康あっての仕事ですからね。

無理は禁物!社内ニートが解決しないなら転職エージェントを

  • 社内ニートになり人員配置など会社に改善を求めたが解消されない
  • 周囲からできない奴だと思われ辛い状況が続いている

上記のようなお悩みをお持ちの方は、無理にその会社に出社するよりも自分にあった転職をする方が良い場合もあります。

どんな人にも適正がありますし、たまたまその会社の体質が自分にあっていないだけの可能性も高いんです。

「自分はできない人材だ」と悲観しなくても大丈夫です。

大切なことは、自分の適正を知り、自分の能力を活かせる会社を見つけること。

下記の転職エージェントでは、20代の転職を得意とし無料登録をすると、転職アドバイザーがあなたにあった適職診断をしてくれます。ぜひご活用ください。

また、転職エージェントについて詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

▼転職エージェントの仕組みやサービス内容を詳しく見る

マイナビエージェント


マイナビエージェント

20代の転職支援に圧倒的な実績を有しているのが「マイナビエージェント」です。

登録者の76%が、35歳以下で新卒の20代社員ももちろん得意としています。

専門のキャリアアドバイザーが、あなたが転職で活かせる強みや活動内容を理解してくれるため、社内ニート問題はもとより転職の不安を解消可能。

保有求人の職種も、IT業界から営業、コンサルタント、金融、不動産、経営、機械など幅広いため、20代の転職でお困りなら真っ先に登録しておきたいエージェントになります。

▼マイナビエージェントの特徴をもっと知りたい方へ

リクルートエージェント


リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも非公開求人が20万件と非常に多く、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍。

また、都心部からIターン・Uターン転職にも力を入れているため、地方で自分にあった働き方を希望している方にもおすすめです。

リクルートエージェントの得意業種は、営業販売から経営・マーケティング、事務職、IT・エンジニア、電気・機械・科学エンジニアなど多岐に渡ります。

▼リクルートエージェントを詳しく知りたい方はこちら!

パソナキャリア


パソナキャリア

パソナキャリアは、2019年オリコン顧客満足度調査転職エージェント第1位を獲得している実績があります。

25歳〜35歳の転職に強く、はじめての転職やキャリアのある女性のサポートが得意です。

転職成功者の年収アップ率は、なんと驚異の67.1%を達成していることから、将来のキャリアを真剣に考えたい方にもおすすめ。

▼パソナキャリアを詳しく知りたい方はこちら!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事