最終更新日:

20代は退職すべきでない?有意義な退職をするための方法を伝授

20代は退職すべきでない?有意義な退職をするための方法を伝授

20代で今の会社を退職するかどうか悩んでいませんか?

結論からいえば、基本的には3年未満の退職はオススメできません

早期退職は社会的信用に影響がある上に、勤続ボーナスがもらえないなど収入面で損する可能性が高いためです。

とはいえ、職場や仕事に対する問題は人それぞれで、退職したいと思う理由も多種多様。

仕事が本当にキツいときや、どうしても他にやりたいことがある場合など、退職に対する明確な理由とその目的があれば、入社して3年未満の退職も選択肢の一つとして挙げられます。

そこで今回は、退職を考える20代に向けて、20代が考える退職への不安やメリット・デメリット、退職時の注意点について紹介します。

退職したいと考える20代は少なくない

退職したいと考える20代は少なくありません。

3年以内に離職した新卒者の割合
学歴 離職率
大卒 31.8%
高卒 39.3%

参考:新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)|厚生労働省

「石の上にも三年」と言葉があるように、就職したら3年以上は会社に勤めるのが一般的とされていますが、実際には新卒者の10人に3人以上が3年未満で退職しています。

ただしこの統計結果は実際に退職した人の割合であり、「退職したい」と考える人の数は含まれていません。

つまり、実際に退職した人に加え、嫌々会社を続けている人を含めると、「退職したい」と考える20代はさらに多くいると考えられます。

20代が早期退職するメリット

    20代が早期退職するメリット

  1. 第二新卒として採用される
  2. 新しい仕事にチャレンジできる
  3. 収入アップを目指せる

特に23歳〜25歳など早い段階で転職をすれば、第二新卒として採用されやすいため、容易に転職できる点が大きなメリット。

さらに、今の仕事に満足していなかったり、ストレスを感じたりする場合、早めに退職して新しい仕事に転職すれば問題が解決する可能性があります。

たとえば、毎日上司から怒られて精神的に消耗し、やりがいさえ感じない仕事をやり続けるよりも、転職して新しい環境でチャンレジするメリットは大きいでしょう。

20代が早期退職するメリットは複数あり、自分の現状を踏まえて転職するかどうか考えてみてください。

20代が早期退職するデメリット

    20代が早期退職するデメリット

  1. 社会的信用に影響する
  2. 必ずしも問題が解決するとは限らない
  3. 収入面で損をする可能性がある

一般的な最低勤続年数を3年とした場合、3年以内に転職すると、社会的信用に影響する可能性があります。

たとえば、企業の採用担当者から「長続きしない人」と判断され、採用を見送られる場合もあるでしょう。

また、転職によって働く上での不満が必ずしも解決するとは限りませんし、賞与や勤続手当など、長期間の勤続によって得られるボーナスがなくなります

転職によって収入がアップする可能性があるとはいえ、継続する恩恵を得られない点も早期退職のデメリットです。

そのため、20代が早期退職をする場合は、そのメリットとデメリットを理解し、自分にとってベストな選択をしましょう。

20代が入社3年未満で退職するのはNG?

一般的に会社は最低でも3年続けるべきとされています。

そのような一般論がある中、入社3年未満で退職するのは大きなリスクがあると考え、退職するかどうか、とまどっている20代は多いでしょう。

結論をいえば、20代なら仕事を3年以上続けるのが望ましいです。

しかしながら、人によっては労働環境が劣悪だったり、仕事にやりがいが感じられなかったり、退職して新しい仕事を始めた方がいい場合もあります。

どういった時に転職をし始めたらいいのかな?

    <新しい仕事を始めた方がいい例>

  • 職場でパワハラを受けている
    ⇒うつ病にかかる危険性
  • 自分の成長に繋がらない仕事をしている
    ⇒人生の時間の浪費

勤続3年は一つの基準と考え、自分自身の現状を優先的に考慮した上で退職するかどうかを判断しましょう。

20代だからこそ退職できる

実は20代は退職しやすく、30代・40代と比べて退職するリスクが少ないです。

なぜなら20代は社会的責任が軽く自由度が高いため。

30代・40代となると、結婚して子どもができたり、会社の中で責任あるポストを与えてもらったりなど、自分の判断だけでは簡単に退職がしにくくなります。

歳を重ねるにつれ、自分の退職に影響を与える人間が増えるのです。

一方で、20代は転職市場において市場価値が高く、スキルや経験が未熟でも30代・40代と比べて採用されやすい傾向にあります。

20代が退職する時の注意点

20代が退職する代の注意点

    <20代が退職する際の注意点>

  • 退職後のプランを考えておく
  • 会社側の都合を考える
  • 円満退社を目指す

ここからは、退職する際の注意点について解説していきます。

退職後のプランを考えておく

退職後のプランはしっかり考えておく必要があります。退職後に何をするか決めていなければ、時間の浪費につながるからです。

たとえば、今の職場に不満があり勢いで退職したものの、次に何をするか決めていなければ、自分が何をしたいのかが見つかるまでバイトや派遣をして過ごしたり、なんとなくで転職してしまったりするでしょう。

しかし目的もなくダラダラと過ごしていては、やりたいことも見つからずに20代の貴重な時間を棒に振ってしまいます

退職後のプランは退職前にあらかじめ考えておくのが非常に大切です。

会社側の都合を考える

退職する前は、出来る限り会社側の都合を考えましょう。会社はチームで動いているので、自分勝手に会社辞めると会社の仲間に負担がかります。

退職するタイミングは繁忙期を避け、退職届は遅くとも1ヶ月前までに提出するのが一般的。

会社によっては退職日や退職金など、退職に関する規定を細かく決めている所もあるため、退職前は就業規則を確認しておきましょう。

しかしながら、最終的には物事を自分主体で判断するのが大切。

労働環境が最悪で今すぐにでも逃げ出したい場合、繁忙期や退職届の提出日は無視して退職するのも手段の一つです。

円満退職を目指す

退職する時は円満退職を目指しましょう。

円満退職をすれば退職時や転職時の手続きをスムーズに進められる上に、退職後も協力し合える仲になれるでしょう。

しかし、円満に退職できなければ退職時の書類作成が遅れたり、場合によっては過去の損害を賠償請求されるおそれもあります。

また、円満退職をする方法として、退職理由はポジティブなものにしましょう。

たとえば、退職理由が「新しくやりたいことが見つかってそれにチャレンジしたいから」のようなポジティブな方が、在職する同僚や上司から好感を持たれます

一方で、「今の会社は給料が低いから」「この会社には未来がないから」など、会社への不満を退職理由にすれば、退職時に会社側から不利益を被る可能性が上がるでしょう。

退職する時はポジティブな退職理由にし、円満退職をするのがオススメです。

交渉が難しければ退職代行サービスも

退職を決意してもどうしても会社との交渉が難しい場合、退職代行サービスを利用するのも一つの手です。

退職代行サービス「退職代行EXIT(イグジット)」なら、退職希望の従業員に代わり、会社との退職交渉をすべて代行してくれます。

    退職代行EXITのメリット

  • 相談から即日対応ですぐに退職できる
  • 深夜や休日でも対応可能
  • 会社とのやり取りは一切不要
  • 退職届の提出・貸与品の返却も郵送でOK
退職代行EXIT

メディア掲載実績No.1!退職成功率100%
業界最大手で累計2500人以上の退職を代行。
即日対応でスピード退職を実現

20代で退職の相談相手がいないなら

20代で退職の相談をしたくても退職や転職に詳しい人と話をする機会がある人は少ないでしょう。その場合は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職エージェントは転職する人のサポートをするサービスを行っていますが、相談だけでの利用も可能です。

今の状況を伝えれば、転職のプロが専門家の目線で退職・転職をすべきかアドバイスしてくれます。

これまで自分にはなかったものの見方や考え方を教えてくれる場合もあるので、退職すべきか悩んでいる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

社会的には3年以内の退職はあまりいい印象はありません。

しかし、本当に今の職場があなたに合っていない場合、若いうちに退職した方が賢明だとも言えるでしょう。

まずは退職のメリット/デメリットを正しく理解し、必要に応じて退職代行サービスや転職エージェントも活用して、後悔のないベストな選択をしてくださいね。

    <20代での退職まとめ>

  1. 退職のメリット/デメリットを理解する
  2. 20代は退職のリスクが少ない
  3. 退職代行や転職エージェントを活用する
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事