最終更新日:

20代は退職すべきでない?退職すべきケースと注意するポイントを解説!

20代は退職すべきでない?有意義20代は退職すべきでない?退職すべきケースと注意するポイントを解説!

「20代で退職するのは早い?」
「20代は退職後でも転職できる?」

20代で退職を考えるも、その後の生活や転職できるかが不安で退職すべきか悩んでいる人は多いでしょう。

今回は、20代で退職した方がいいケース退職する時の注意点メリットデメリットなどを詳しく解説していきます。

今の会社を退職したくて悩んでいる20代はぜひご一読ください!

20代で退職を考える人は多い

20代では、新卒で入社したものの仕事内容や会社の雰囲気が合わずに辞めたいと考える人は少なくありません。

3年以内に離職した新卒者の割合
学歴 離職率
大卒 31.8%
高卒 39.3%

参考:厚生労働省/新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)

一般的には「就職したら3年以上は続けるべき」と言われていますが、実際には10人に3人以上の20代が入社3年未満で退職しています。

20代はまだ若いので、合わないと感じる会社で無理に長く働き続けるよりも、早めに退職して自分に合う仕事でスキルアップやキャリアアップを目指す方が良いでしょう。

20代が退職した方がいいケース

仕事を辞めるべきか続けるべきか迷っている場合もあるよね…どんなケースなら退職した方がいいのかな?

    20代が退職した方がいいケース

  • いじめ・パワハラを受けている
  • 過剰な時間外労働がある
  • やりたい仕事が他にある
  • スキルアップできない環境

職場でのいじめやパワハラを受けている場合や、サービス残業や過剰労働を強いられるブラック企業などの場合、早めに退職しないと心や体を壊してしまう可能性があります。

また、やりたい仕事ができない・スキルアップできる環境でないケースでも、早めに退職して自分がやりたい仕事にチャレンジする方が、貴重な20代の時間を無駄にせずに済むでしょう。

「勤続3年」が経験やスキルを身に着けていると判断される基準となっていますが、今後のキャリアプランで活かせる経験でないと意味がありません。

やりたい仕事ができていない、悪環境で心身ともに疲弊していると感じている時は、20代のうちに退職して心機一転した方が良いでしょう。

20代だからこそ退職できる

20代は30代・40代と比べて退職リスクも少なく転職もしやすい年代なので、退職したいと考えている時は早めに行動するのがおすすめです。

年齢を重ねるにつれて責任のある仕事を任されるようになり、退職したくてもすぐにはしづらい状況になってしまう場合もあります。

また、20代のうちは転職市場価値も高く、若さでのポテンシャル採用されやすいので、未経験の職種やスキルアップしたい仕事にチャレンジしやすいです。

退職したい気持ちがあるなら、むしろ20代のうちに退職してしまう方が選べる道は多いんだね!

20代はまだ色んな仕事に挑戦できるから、自分がやりたい職種や続けられる仕事を見つけましょ☆

20代で退職する時の注意すべきポイント

  • 転職先が決まってから退職する
  • 退職届の提出は1ヵ月前が基本

転職先が決まってから退職する

退職後にブランクがあると転職時にどうしても不利になりやすいため、できるだけ転職先が決まってから退職するようにしましょう。

現職を続けながらだと転職活動する時間に余裕がない人や、転職についての悩みや不安がある場合は、転職エージェントを利用すれば効率的に転職活動を進められます。

20代におすすめの転職エージェント

第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代~35歳
主なサポート対象者
第二新卒など経験に
自信がない20代
支援実績 職務経験がない10,000人の転職支援 利用者累計10万人超
求人数 5,000件以上
+非公開求人
非公表
特徴 全て未経験OK求人
ブラック求人排除
既卒・第二新卒出身のアドバイザー
書類選考なし
優良企業約8500社
早期就職可能
簡単登録
(無料)
DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

退職届の提出は1ヵ月前が基本

退職届は、一般的には1ヵ月前に提出した方が会社とのトラブルなく退職できます

有給休暇が残っている場合は、退職1ヵ月前に提出しても何日かは残った有給を消化して出勤せずに退職完了も可能です。

無断欠勤をしたり、何も言わずに退職するのは社会人としてNGなので、どうしても上司に退職を言い出せない事情がある場合は退職代行を利用しましょう。

20代におすすめの退職代行サービス

退職代行Jobs(ジョブズ) 退職代行ガーディアン
退職代行サービス
依頼費 ■安心パックプラン
退職代行+労働組合

29,000円
■シンプルプラン
退職代行

27,000円
一律29,800円
相談窓口 電話
メール
LINE
電話
LINE
相談料 無料 無料
特徴 顧問弁護士監修
労働組合と連携
現金後払いOK
追加費用なし
東京都労働委員会認証の労働組合法人が運営
追加費用なし
無料相談

20代で退職するメリットとデメリット

20代で退職するメリット

  1. 第二新卒枠で転職ができる
  2. 未経験の職種にチャレンジできる
  3. キャリアアップや年収アップを目指せる

23~25歳の早い段階で転職すれば第二新卒として採用されやすいため、転職活動では苦労しにくいのが大きなメリットです。

また、20代のうちは未経験の職種への転職もしやすく、今後のキャリアプランを考えて経験やスキルを磨きたい職種へも挑戦できます。

今の仕事自体に不満がない20代は、これまでの経験やスキルを活かした転職をすればキャリアアップや年収アップも目指せるでしょう。

20代で退職するデメリット

  1. 在籍期間が短すぎると印象が良くない
  2. 昇給や昇進が遅れる場合もある
  3. 退職金がもらえない

20代で退職する際、前職の在籍期間が短いと企業からは「長続きしないのでは?」との印象を持たれやすくなるので、面接時には退職した理由は前向きな理由で答えましょう。

また、退職をしてしまうと新しい会社での経験を新たに積まなければいけないため、昇給や昇進が遅くなってしまう場合もあります。

退職金も一般的には3年以上勤続した場合に支給されるため、3年以内の退職では支給されないケースが多いです。

しかし、経験やスキルを活かした転職では前職よりも年収アップは可能で、退職金も自己都合退職では何割かしかもらえない可能性が高いため、今後を考えれば必ずしもマイナスになるわけではないでしょう。

20代は退職しても新しい仕事にチャレンジできる!

20代で今の会社を退職したいけど本当に大丈夫なのかな?と不安になり迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし、20代はまだまだ未経験の職種や新しい仕事にチャレンジできる年代なので、今の仕事が合わないと感じる場合は早めに退職するのがおすすめです。

まずは今の仕事の不満点や今後のキャリアプランなどを考え、不安がある場合は転職エージェントに相談して、退職・転職すべきかどうかを検討してみてはいかがでしょうか!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事