最終更新日:

旅行事務とは?仕事内容やスキルについて解説

旅行事務とはいったいどのような仕事なのでしょう。業務内容や必要なスキルについてまとめました。

旅行事務の仕事内容

旅行事務は一般事務とは異なり、旅行者のサポートをメインに行います。
具体的には下記を行います。

  • メール対応
  • 電話対応
  • 書類作成
  • 交通機関の手配
  • 宿泊施設の手配
  • トラブル対処

旅行事務の役割・フロー

旅行事務の役割は、メール、電話、窓口での対応から始まり、旅行者のトータルサポートです。特に海外旅行にはトラブルが付き物なので、その際には柔軟な対応力が求められます。

作業フローは、旅行プランの提示、契約、サポートです。そのなかで口頭でのやり取りや書類作成業務が発生しますが、目的は旅行者が快適に旅行するための手配を行うことです。

1日の仕事の流れ

窓口での顧客対応、電話対応、メール業務、書類作成、といった業務がありますが、臨機応変に動く必要があります。たとえば、日によって窓口の来客人数が大幅に異なることや、電話が多いこともあります。

やらなければいけない業務は決まっているものの、仕事の性質上明確に時間で区切ることは難しいでしょう。時間で区切ってスケジュールを立てていても、顧客対応や電話対応でスケジュールが狂います。

そのため、1日単位でやるべきことを決めておいて、時間管理や作業順番は臨機応変に対応します。

旅行事務に求められる経験

旅行事務の仕事は、未経験者に対する間口も広いです。そうは言っても、もちろん類似する経験があると転職に有利になります。

未経験でも相性の良い業界や職種

旅行事務が未経験でも、事務経験があると転職に有利になります。または営業職でも良いですが、業界としては旅行業界かそれに近い業界ならなお良いです。たとえば旅行代理店でもともと働いていて、結婚や出産で一時期仕事を離れていたけれど、その後プライベートとのバランスを取るために旅行事務の仕事に就いた、といったケースがあります。

旅行事務に求められるスキル・資格

次に旅行事務に求められるスキルや資格について紹介します。これは絶対的なものではありませんが、多くの企業で求められるものです。

旅行事務に求められるスキル

旅行事務に求められるスキルは、窓口対応、電話対応、といった部分でのコミュニケーション能力、書類作成等の事務能力です。こういった他の事務職でも使うスキルに加え、旅行に関する知識も求められます。

たとえば航空機や宿泊施設の手配や、旅行プランを提案するためには観光地に関する知識も必要でしょう。普段から旅行全般に関するアンテナを張っておく必要があるので、旅行事務は旅行好きの人の方が向いています。

旅行事務に求められる資格

上記の通り旅行事務にはコミュニケーション能力、書類作成能力、旅行全般に関する知識、といったものが求められます。しかし、必要な資格は特にありません。

資格よりも、上で挙げたスキルを満たすための努力や、その場その場で臨機応変に対応する意識の方が重要と言えます。ただし、書類を作成する上ではある程度のパソコンスキルが必須になります。

あえて資格を取るのであれば、オフィス系のソフトに関連する資格を持っていると、書類作成能力アップ、スキルの証明に役立ちます。ただしExcel等は一般事務職と同等に使用できれば問題なく、同じ事務でも経理職などに比べると使用頻度はむしろ低いと言えます。

ある程度のパソコンスキルを持ちつつも、コミュニケーションや旅行に関する知識を重要視すると良いです。

旅行事務の注意点

旅行事務職を目指す前に、注意点にも目を向けた方が良いでしょう。特に向いていない仕事に就くと会社にとっても自分にとっても不幸なので、まずは旅行事務に不向きな人の特徴を押さえ、自分に向いているのか判断します。

旅行事務に不向きな人の特徴

旅行事務に不向きな人の最大の特徴は、旅行に興味がない、もしくは特定の場所にしか興味がない、ということです。スキル云々の前に、旅行事務は常に旅行のことを考え、顧客に提案したりサポートしたりします。

旅行に興味がないと、知識習得にも前向きになれず、結果的に顧客にとって良い提案やサポートを行うことが難しくなります。興味がないことを覚えるのは自分自身苦痛なはずなので、旅行に興味を持てる人が就くべきでしょう。

またコミュニケーション能力や事務処理能力も重要なので、当然身に付ける必要があります。ただし旅行が好きであれば、これらの汎用的なスキルは後からでも身に付けることが可能です。

自分はおしゃべり好きではないから窓口対応は厳しい、文章を書くのが好きではないから書類作成はできないかもしれない、と思われるかもしれませんが、仕事用のトーク、文章作成はまた別で、適正なノウハウもあるので、後々学んでいけば問題ありません。

旅行事務の給与・待遇・将来性

旅行事務は派遣契約が多いので、給与は時給換算されることが多いです。具体的な金額としては、はたらこねっとの統計で時給1400円程度のようです。待遇に関しては他の事務職と同水準で、将来性は自分次第と言えます。

何も考えずに日々の業務を行うだけだとAI化等で仕事が奪われる可能性がありますが、旅行業界は日々いろいろなプランを提唱したり企画性の高い業界です。つまり、旅行事務として働きつつも日々業界研究を進めつつ転職等を視野に入れてスキルアップを図れば、仕事がなくなるわけではありません。

参考URL
https://www.hatarako.net/contents/shokushu/travel/

旅行事務の今後の推移

AI化に伴い便利なシステムが導入されれば、業務が効率化されて単純業務は減る可能性が高いです。ただし、対人的なコミュニケーションやトラブル対応はまだまだ人間が行う必要があるので、すぐさま仕事がなくなるわけではありません。

また、旅行業界は企画の自由度が高いので、AIが思いつかないようなアイデアを武器に業界で生き残っていくことが可能です。


RECOMMEND

関連記事