最終更新日:

エージェントを使わない薬剤師転職方法は?直接応募のメリットと好条件転職方法

エージェントを使わない薬剤師転職方法は?直接応募のメリットと好条件転職方法

「エージェントを使わなくても転職できる?」
「直接応募のメリットは?」
転職エージェントを使わない方法でも転職できるか悩んでいる薬剤師も少なくありません。

転職エージェントを使わず直接応募や紹介で転職した薬剤師も多く自分のペースでエージェントにはない企業への転職ができます

本記事では、転職エージェントを使わなくていいケースや直接応募のメリット・デメリットや転職エージェントのメリットをご紹介。

自分のペースで転職したい、一人でも好条件で転職できるか気になる薬剤師は必見です。

転職エージェントを使わない方法でも転職できる

薬キャリの調査では、1回目の転職で転職エージェントを使わずに転職した薬剤師は58%。2回目以降は54%です。

転職エージェントを使わずに転職した薬剤師は、企業へ直接応募や知人からの紹介で転職しています。

薬キャリ:薬剤師の転職方法
※1

転職エージェントを使わない方法でも、薬剤師転職は可能です。

転職エージェントを使わなくて良いケース

■ 転職エージェントを使わなくて良いケース
・応募する企業が決まっている
・転職エージェントにない企業へ転職したい
・企業からスカウトされている

応募企業が決まっている薬剤師は、企業の公式HPからの直接応募がベター。

転職エージェントが扱っていない企業の情報は保有しておらず、エージェントを利用しても大きなメリットはありません。

しかし薬剤師に特化した転職エージェントお仕事ラボなら、サイトに無い・求人を出していない企業の逆指名OK。エージェントを介して選考・転職サポートも受けられます。

企業からスカウトされているなら、直接企業とやり取りができるためエージェントの利用は不要です。

薬剤師転職で直接応募するメリット・デメリット

■ 転職エージェントを使わないメリット
・自分のペースで進められる
・転職エージェントに無い企業へ転職できる
・アドバイザーの意見に左右されない
・面談の手間が無い

自分のペースで進められる

転職エージェントは、企業と薬剤師をマッチングさせて報酬を貰う仕組み。

転職に有利な経験やスキル・転職の意思がある人がサポートを優先される傾向があり、頻繁な連絡や応募の促進など強引に転職を進められるケースも少なくありません

自分のペースで転職したい・転職を急かされたくない人は、エージェントを使わない転職方法がおすすめです。

転職エージェント/サイトに無い企業へ転職できる

直接応募や知人からの紹介求人なら、転職エージェントやサイトで取り扱われていない企業への転職ができます。

求人を公にしていない・公式HPでしか募集していない企業にアプローチができ、転職エージェントにはない好条件で転職できる可能性も。

直接応募は自分で転職先を見つけるひと手間が掛かるため、転職意思が強いと好印象を持たれやすいです。

アドバイザーの意見に左右されない

個人の転職活動では入手できない情報やアドバイスで転職が有利になる転職エージェントですが、アドバイザーの情報や意見を鵜呑みにしてしまい転職に失敗した人も少なくありません。

転職の目的や希望条件など方向性が決まっていれば、転職エージェントを使わない転職方法でも情報に惑わされない転職が可能です。

面談の手間が無い

経験やスキル・希望条件などをヒアリングするための面談無く、転職活動に集中できます。

アドバイザーとのやり取りや面談に出向く手間が面倒な方には、個人での転職活動がおすすめです。

直接応募するデメリット

■ 転職エージェントを使わないデメリット
・転職難易度が高い
・非公開求人を掴めない
・情報収集に時間がかかる
・条件交渉が難しい

転職難易度が高い

転職エージェントを使わない転職方法では、企業探しや書類・面接対策や企業とのやり取りなど、全て1人でしなければなりません。

対策方法が間違っていれば、応募まで費やした時間が水の泡になるケースも。

直接応募は自由度が高い反面、個人で配慮する範囲が広いため転職難易度が上がります

■ 個人の転職活動ですべき項目
・経験やスキルの棚卸
・自己分析(市場価値/適正年収/強み)
・企業分析(特徴/内部情報)
・書類作成
・面接で好印象を与える立ち振舞い対策 など

非公開求人を掴めない

直接応募は、転職エージェントにない好条件求人を見つけられる傾向も。

しかし好条件・高年収が多い非公開求人は、転職エージェントの利用者のみが知れるため個人ではキャッチできません。

自分のキャリアに合った一般非公開の求人を紹介してもらえないため、好条件求人を見逃す恐れがあります。

情報収集に時間がかかる

薬剤師が転職に失敗した原因で最も多いのは、情報不足です。

薬剤師転職が失敗した原因
※2

転職前の情報収集が成功の鍵になりますが、薬剤師の転職市場状況や企業情報など一つ一つ確認するには時間がかかります。

条件交渉が難しい

求人情報より高収入・好条件で転職するには条件交渉が鍵になりますが、直接応募では企業への条件・年収交渉も自ら行わなければなりません。

しかし「経験やスキルに自信が無い」「印象が悪くなりそう」など、強気での条件交渉は難しく遠慮してしまいがち。

伝え方や経験・スキルに見合わない条件交渉をすると、採用を見送られるケースもあります。

薬剤師が転職エージェントを使うメリット

薬キャリの調査では、1回目の転職でエージェントを使った人が42%。2回目以降も利用した人は87%でした。

1回目の薬剤師転職方法
※3

初めての転職でエージェントを使わなかった薬剤師も、2回目以降には2人に1人が利用しているため、転職でエージェントへの満足度が高いと分かります。

■ 転職エージェントのメリット
・希望条件/経験やスキルに合った求人紹介
・求人紙面には載らない内部情報を聞ける
・書類/面接対策や日程調節の代行
・条件交渉をしてくれる
・退職/入職後のアフターフォロー

希望条件/経験やスキルに合った求人紹介

希望条件に合う求人が見つからず、転職に苦労した薬剤師は少なくありません。

薬剤師転職で苦労したこと
※4

転職エージェントでは自分の経験やスキル・希望条件に合った求人を紹介してもらえるため、薬剤師転職で最も苦労する点を回避できます

求人紙面には載らない内部情報を聞ける

転職エージェントは求人元の企業に訪問取材。内部情報や現場の雰囲気まで把握し、入手した情報は惜しみなく提供

求人紙面には載らない条件からも応募するかを判断でき、情報不足や入職後のミスマッチを防げます

書類/面接対策や日程調節の代行

志望動機や面接対策・日程調節は、企業ごとで考え直さなければなりません

転職エージェントでは書類添削や企業に合った対策・弱みを強みに変換したりと、第三者視点でのアドバイスが得られます。

また面接や職場見学の日程調節を代行してくれるため、手間をかけない転職活動が可能です。

条件交渉をしてくれる

直接応募のデメリットでもある条件交渉は、転職エージェントではアドバイザーが代行。

経験やスキル・実績などを適切に評価し企業に交渉してくれるため、同じ企業への応募もエージェントを介せば好条件で転職できます

退職/入職後のアフターフォロー

退職時の引き留めや入職後のサポートまで、徹底的に薬剤師転職をサポート。

業務内容や条件・人間関係まで入職後のギャップが無いか、悩みまで聞いてくれるため安心して働けます。

【薬剤師特化】おすすめ転職エージェント

マイナビ薬剤師 薬キャリ
サイト
マイナビ薬剤師-公式
薬キャリ
年齢 20代~40代 20代~50代
対応地域 全国
実績 薬剤師転職支援サービス「利用者満足度No.1 利用者満足度
95%

薬剤師登録者数No.1
薬剤師
求人数
6万件以上 5万件以上
求人
紹介数
一人当たり
約19.5件
一人当たり
最大10件
施設訪問 求人元の薬局・病院に出向き現場職員にヒアリング
独自ネットワークで求人情報や裏内情を収集し調査結果も提供
業界への
強み
薬剤師転職専門のアドバイザーが担当 医療専門情報サイト「エムスリー」運営で独自求人が多数
公式
サイト


ファルマ
スタッフ
JobBuddy
(ジョブバディ)
サイト
ファルマスタッフ公式
JobBuddy(ジョブバディ)
年齢 20代~50代
対応地域 全国 1都3県
※東京/神奈川/千葉/埼玉
実績 転職成功率
90%超
コンサルタント満足度96.3%
幅広い年齢層の薬剤師転職実績
薬剤師
求人数
5万件以上 非公開
施設訪問 各エリアの転職状況・求人先への訪問で職場の雰囲気や忙しさを把握 薬局や企業に出向き採用担当者や現場の薬剤師にヒアリング
業界への
強み
調剤薬局が母体の転職エージェント 薬局側・利用者の両者を1人のコンサルタントが担当
公式
サイト


ファーマ
キャリア
お仕事ラボ
サイト ファーマキャリア公式 お仕事ラボ
年齢 20代~50代
対応地域 全国
実績 求人はオーダーメイド制で好条件転職が可能 利用者満足度90%超
求人紹介後の定着率95.6%
薬剤師
求人数
5万件以上 2万件以上
施設訪問
薬局と利用者の両方を同じ人が担当。転職先の事情を把握した担当者が面談
業界への
強み
業界の知識に富んだ精鋭なコンサルタントが集い質の高いサポートを提供 求人の逆指名が可能
(株)アイセイ薬局の100%完全子会社運営
公式
サイト


直接応募より楽に好条件転職ならエージェント

直接応募なら、自分のペースでエージェントにはない求人にも応募できます。

転職エージェントは、個人でキャッチできない非公開求人や企業の内部情報まで提供。

求人紹介から企業ごとの対策・条件交渉まで代行してくれるため、直接応募より好条件で転職できるでしょう。

■ 薬剤師専門転職エージェント
マイナビ薬剤師
薬キャリ
ファルマスタッフ
JobBuddy(ジョブバディ)
ファーマキャリア
お仕事ラボ


※1.3 出典:薬キャリ―薬剤師の転職実態調査vol3.転職活動
※2 出典:薬キャリ―薬剤師の転職実態調査Vol.8 転職失敗編

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事