最終更新日:

【40代子持ち女性】転職の会社選びの3つのポイントと面接での答え方

40代の子持ちの女性は、子どもの教育資金に備えて転職したい方も多いのでは?子どもの塾や習い事の時間に合わせた転職がしたいと考える方もいるかもしれません。40代の子持ちの女性が転職を考えたとき、どのような点に気を付けて転職先を選べば良いのでしょうか。効率良く転職活動を進めるためのコツや、会社選びのポイント、面接での質問の答え方をご紹介します。

40代子持ち女性が効率良く転職活動を進める5つのコツ

一般的に40代の女性は、20代や30代のときよりも求人件数が少なくなるため、転職自体が若いときよりも難しくなります。子持ちであれば特に、転職活動にかけられる時間も限られているため、効率よく転職活動を進めたいですよね。効率よく進めるためのコツをチェックしておきましょう。

1. 譲れないポイントを整理しておく

40代子持ちで転職をしようと思った理由は何でしょうか?収入でしょうか、生活時間でしょうか?転職活動を効率よく進めるために、転職先に対しての譲れないポイントを決めておくと、求人票を見たときの情報精査に役立ちます。

譲れないポイントを決めるときは、より具体的にするのがポイントです。例えば、収入重視であれば手取り収入月〇万円以上、生活時間重視であれば、夕方17時半までは勤務OKだが18時は無理など、数値化しておくと分かりやすくなります。いくつかある譲れないポイントのなかでも優先順位をつけておくと、より会社が選びやすくなりますよ。

2. 子どもの事情で急な欠勤になった場合の対処を考えておく

子持ちで働く場合、子どもが成長するにしたがって生活リズムが変化します。塾や習い事の送り迎え、急な体調変化や学校行事などの際に、どう対処するか準備を整えておきましょう。近くに親戚や家族が住んでいる場合には、預け先としてお願いできるようにしておくほか、病児保育のある保育園探しや、ファミリーサポートなど自治体が行っている支援制度の利用方法を確認しておくのもおすすめです。

3. 応募書類は時間のあるときに準備しておく

少しでも時間を節約しながら効率良く転職活動ができるように、応募書類は時間があるときに準備しておくと安心です。転職活動では、急に面接の予定が入ることがあります。今の仕事との兼ね合いで、強行スケジュールで面接を受けることになる可能性も。日付や志望動機など、具体的な記述が必要になる部分は空欄にしておき、それ以外を書きこんだものを数枚用意しておくと、面接のチャンスを逃すことがありません!

4. 面接で想定される質問の答えを用意しておく

40代で子持ちの女性が転職をする場合、面接では当然のように、育児と仕事を両立できるかどうかがチェックされます。その際に、あいまいな返事や態度を取ると信用度が下がるため注意しましょう。前述(2)で考えた対処法をきちんと説明し、面接官を納得させられるように準備しておきましょう。

5. 正社員以外の雇用も検討する

40代の女性の場合、子持ちでなくても正社員での転職は厳しい可能性があります。そのため、正社員としての雇用にこだわりすぎないこともポイントです。派遣社員や契約社員から正社員に登用されるケースもあり、幅広い視野で雇用を考えておきましょう。

子どもの生活時間に合わせた働き方をしたい場合は、正社員よりもパート社員として働くほうが時間に融通が利くことも多くあります。正社員登用制度がある会社の場合、留守番や習い事の送り迎えなどに不安がある時期はパート社員で働き、子どもの生活が安定し、教育資金が必要になるころに社員へステップアップする方法もあります。

40代子持ち女性の会社選びの3つのポイント

40代の子持ちの女性が転職先の会社を選ぶとき、どのような点をチェックすれば良いのでしょうか。子育てしながら働きやすい会社のポイントをまとめてみました。不明な点がある場合には、面接の際に質問しておくと安心です。

通いやすさはどう?

子持ちの女性が働く場合、職場と自宅の往復時間もできるだけ短くしたいところ。例えば、自宅に近い職場を選ぶ、子どもの保育園や小学校に近い職場を選ぶなど、少しでも通勤時間のかからない場所にある会社を選ぶと便利です。通いやすさは、働きやすい会社選びの重要なポイントになりますよ。

勤務時間帯をチェック

子どもがまだ小さい場合は、子どもを送り出したあとに出勤するスタイルが安心です。出勤時間と同時に、基本となる退社時間は必ず確認しておきましょう。シフト制であれば、希望の出勤時間に対応してもらえるかどうか、面接の際に確認しておくと安心です。勤務時間に融通が利くフレックスタイム制や時短勤務は、子持ちの40代女性にはありがたい制度です。フレックスタイム制の場合、コアタイムを必ず確認しておくことを忘れずに。

同年代の女性は活躍している?

同年代の女性社員がたくさん活躍している会社であれば、同じように子育て中の女性社員も多いと考えられます。状況を理解してもらいやすく、子育てしながら働ける制度が整っている可能性も。求人票を見るときは、産休や育休制度の有無のチェックも忘れずにチェックしましょう。

反対に、女性の比率が高くても、若い世代がほとんどで同年代がほとんどいない場合は、女性が働きやすい環境が整っておらず、結婚や出産を機に退職している可能性もあります。面接でしっかり確認しておきましょう。

40代子持ち女性が面接で聞かれる質問3つと答え方は?

具体的に、面接ではどのような質問が聞かれるのでしょうか。想定される質問と、アピールできる答え方をご紹介します。答えるときは堂々とした姿勢で、明るくハキハキと答えると好印象が残せますよ。

質問1. 子どもさんの年齢は?

面接官が子どもの年齢を聞くのは、単純な興味からではありません。この質問の答えから、面接官は、欠勤や遅刻、早退など、急な勤務変更の頻度を予想します。子どもの年齢が小さければ小さいほど、突発的な病気やケガも多くなることが予想され、面接官も危惧するところです。

答えるときには、子どもの年齢を正直に答えたあと、「近くに両親が住んでいるため、何かあった際にはフォローしてもらえるように頼んでいる」など、子どもが小さくても対策が取れる点をアピールすると、前向きな印象が残せます。

質問2. 近くに子育てを手伝ってくれる人はいますか?

子どもの発熱など、急な事態になったときに対処できるかどうかを聞かれている質問です。「いざ」というときに、どのように緊急事態を乗り越える予定であるかを伝えましょう。実家や親戚など、いざというときに助けてくれる人の有無や、病児保育を利用する予定、ファミリーサポートに登録済みなど、具体策を伝えて安心感を与えるようにしましょう。

40代子持ち女性の面接では、ここに注意!

40代子持ちの女性であれば、子どもの学校行事や病気などで仕事が休めるかどうかが、一番気になるところではないでしょうか。入社前に確認しておきたいポイントですが、面接で「休めますか?」とストレートに聞いてしまうと、仕事に対してやる気がないような印象を与えてしまいます。

面接で質問するときには、「お子様がいらっしゃる女性社員の方は、学校行事などのときに、どのように対処されていますか?」と聞いてみましょう。有給の取りやすさや、会社の子育てへの理解を知るチャンスになりますよ。

質問3. 残業はできますか?

40代で子育て中の女性の場合、子どもの塾や習い事の送り迎えなどで残業ができない方もいます。内定がほしいために面接で無理をして「できる」と答え、その後に働きづらくなるようでは本末転倒です。残業の有無は今後の働きやすさにもつながるため、できるかできないかを正直に答えるようにしましょう。

できる場合は、「1時間くらいまでであればできる」など、具体的な数値で伝えることがポイントです。面接官から残業の可否を聞かれない場合でも、こちらから、残業は毎月どの程度あるのかを面接官に確認しておくと安心ですね。

具体的な対策で安心感を与えることが採用への近道!

40代女性は、自分が子持ちであることをネガティブに捉えてしまう方も少なくありません。しかし、育児しながら働ける自分に、自信と誇りを持つことが一番大切です。

面接官は、子どもの事情で勤務にどの程度の影響が出るかということを心配しているだけであり、子育てをしているから働けないと言っているのではないのです。面接では、子育てしながら働くために、具体的にどのような対策を取る予定なのかをしっかりと、自信を持って伝えましょう。面接官に安心感を与えられることが、採用への近道です!

子持ちだからという理由だけで不採用を出すような会社は考えものです。働く女性や、育児に積極参加する男性が当たり前になりつつある現代で、子育てしながら働ける環境が整っていない会社は、時代遅れですよね。


RECOMMEND

関連記事